環境にやさしい農業(環境保全型農業)とは 農業の持つ物質循環機能を生かし、
生産性との調和などに留意しつつ、土づくり等を通じて化学肥料、農薬の使用等による
環境負荷の軽減に配慮した持続的な農業」のことです。

鳥取県の取り組み

2021年5月に国によって策定された「みどりの食料システム戦略」
持続可能な食料システムの構築に向け、環境負荷軽減のイノベーションを
推進する方針が公表されました。
中長期的に「目指す姿」への取り組みとして、鳥取県でも
「鳥取県みどりの食料システム戦略基本計画」を策定し、
環境負荷低減への取組である「とっとりエコ・グリーン農業」の推進を図り、
生産から消費まで一貫して支援を行っています。

特別栽培農家

いなば山彩の郷

【アピオス・ハブ茶】

鳥取市

詳細を見る

有機栽培農家

ISN株式会社

【菌床きくらげ・しいたけ・なめこ】

岩美町

詳細を見る